甲野義紀の言葉

名言集・語録集 今日を生きる、明日を拓く、言葉を贈ろう
過剰に保護されていれば、どんどん生きていく意欲がなくなりますよ。

飢えているから食べようというのであって、保護されればされるほど生き抜こうという意欲をなくしていくわけです。

ハングリー精神の善し悪しはともかく、ほどほど飢えているほうが、いろいろ意欲が出るのは確かでしょう。
甲野義紀
『身体を通して時代を読む』

甲野義紀
1949年生まれ。武術研究家。20代の初めから「人間にとっての自然とは何か」について考え始め、1978年武術稽古研究会を設立、松聲館道場を建てる。一般化されたねじりやうねりを伴う動きの問題点に気づき、その立場から剣術、抜刀術、体術、手裏剣術などの研究と指導を行う。1999年以降研究の応用がスポーツに拡がり、さらに介護、楽器演奏、工学、教育といった分野からも関心が集まる。2003年武術稽古研究会を解散、個人となって様々な分野との交流を始めている。

はじめての鍼灸 はじめて鍼灸を受けられる方への案内サイト

その他の名言・言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です