ルイス・フィーゴの言葉

名言集・語録集 今日を生きる、明日を拓く、言葉を贈ろう
俺は、これでもかというくらい非難を受けたから慣れっこさ。

そして俺は、生まれ変わっても、またフィーゴとして生きたいね。

人生は絶対に苦しみも喜びも半分ずつ。
バランスが取れていると思う。

どちらに目を向けるかだけの違いだよ。
ルイス・フィーゴ
サッカー選手

ルイス・フィーゴ
1972年11月4日生まれ。ポルトガル・リスボン出身の元サッカー選手。元同国代表。ポジションはウイング(主に右サイド)または攻撃的ミッドフィールダー。ポルトガル代表として127試合に出場するなど、黄金世代の中心選手として長らく代表を支えた。その創造性とドリブル技術の高さから、1990年代で最も偉大な選手の一人とも評されている。リーガ・エスパニョーラでは通算106アシストを記録しており、これはリオネル・メッシに次ぐ歴代二位の記録である。2000年にはバロンドールを受賞し、翌年の2001年にはFIFA最優秀選手賞の受賞した。また、2004年にはペレが作成した偉大な100人のサッカー選手のリスト、FIFA 100にも選出されている。フィーゴは、スペインにおけるライバルチームとして知られるFCバルセロナとレアル・マドリードの双方でプレーした選手の一人でもある。2000年に6000万ユーロでバルセロナからレアル・マドリードに移籍した際は、大きな物議を醸した。

イスクラ 冠元顆粒 血流の改善に

その他の名言・言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です