本田宗一郎の言葉

名言集 今日を生きる、明日を拓く、言葉を贈ろう
思えば、随分苦労も失敗もあった。
勝手なことを言ってみんなを困らせたことも多かったと思う。

しかし、大事なのは、新しい大きな仕事の成功のカゲには、研究と努力の過程に九十パーセントの失敗が積み重ねられていることだ。

これが分ってくれたからこそ、みんな、がんばり合ってここまで来てくれたのだと思う。
本田宗一郎
『夢を力に』

本田宗一郎
1906年静岡県生まれ。22歳で独立、浜松で自動車修理工として成功するが飽き足らず、エンジンやピストンリングの研究を始める。先後、本田技術研究所を創業し、自転車に小型エンジンを載せた通称「バタバタ」を発売。1948年、本田技研工業(株)を創業し社長に就任。オートバイ「ドリーム号」「スーパーカブ号」などを次々に開発し、二輪車で世界のトップメーカーになった。その後、四輪車に進出、低公害CVCCエンジンの開発などを成功させ、世界的自動車メーカーを築き上げた。1973年社長を退く。1991年8月、肝不全のため84歳で死去。

イスクラ 冠元顆粒 血流の改善に

その他の名言・言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です