帯津良一の言葉

名言集 今日を生きる、明日を拓く、言葉を贈ろう
人が心身ともに健やかに、幸せに生きるには、自分の内なるエネルギーを乱さず低下させず、できれば高め、同時に外のエネルギーからの負の影響を受けないようにするという二面をチェックしなければなりません。
帯津良一
『〈達者な死に方〉練習帖』

帯津良一
1936年埼玉県生まれ。1961年東京大学医学部卒業。東京大学第三外科、都立駒込病院外科医長などを経て、1982年埼玉県川越市に帯津三敬病院を開設し、院長となる。西洋医学に中国医学、気功、心理療法などをプラスしたホリスティック医学の治療法を実践している。

イスクラ 冠元顆粒 血流の改善に

その他の名言・言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。