佐藤初女の言葉(2)

名言集 今日を生きる、明日を拓く、言葉を贈ろう
自分本位に暮らしたり、いいかげんに妥協したりして生きると、過去が悔いになってしまいます。

その反対に、今をていねいに生きていると、今が明日に続き、希望や夢につながっていきます。

そして自然と、望ましい未来が開けてくるのです。
佐藤初女
『いまを生きることば「森のイスキア」より』

佐藤初女
1921年10月3日 – 2016年2月1日
青森県に生まれる。青森技芸学術院(現・青森明の星高等学校)卒業。小学校教員を経て、1979年より弘前染色工房を主宰。1983年、自宅を開放して「弘前イスキア」を開設。1992年には岩木山麓に「森のイスキア」を開く。1995年に公開された龍村仁監督の映画『ガイアシンフォニー(地球交響曲)第二番』により、活動が全国的に知られるようになる。アメリカ国際ソロプチミスト協会賞、国際ソロプチミスト女性ボランティア賞、第18回東奥賞などを受賞。

東洋医学・鍼灸・薬膳・漢方薬を学ぶ人のための用語集

その他の名言・言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。