吉田兼好の言葉

名言集・語録集 今日を生きる、明日を拓く、言葉を贈ろう
もし人来りて、我が命、明日は必ず失はるべしと告げ知らせたらんに、今日の募るる間、何事を頼み、何事をか営まん。

我等が生ける今日の日、何ぞその時節に異ならん。
吉田兼好
『徒然草』

吉田兼好
鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての官人・遁世者・歌人・随筆家。治部少輔・卜部兼顕の子。本名は卜部兼好(うらべ かねよし/うらべ の かねよし)。 卜部氏の嫡流は兼好より後の時代に吉田家と称するようになり、江戸時代以降は吉田兼好と通称されるようになった。また出家したことから兼好法師(けんこうほうし)とも呼ばれる。日本三大随筆の一つとされる『徒然草』の作者であり、また私家集に『兼好法師家集』がある。

はじめての鍼灸 はじめて鍼灸を受けられる方への案内サイト

その他の名言・言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です