辰巳芳子の言葉

名言集 今日を生きる、明日を拓く、言葉を贈ろう
考え続けた末に行きついたのは、
「食べることは呼吸と等しくいのちの仕組みに組み込まれている」ということでした。
辰巳芳子
『いのちと味覚』

辰巳芳子
1924年生まれ。聖心女子学院卒業後、料理研究家の草分けだった母・浜子のもとで家庭料理を学ぶ一方、西洋料理の研鑽を重ねる。父親の介護を通してスープに開眼。鎌倉の自宅などでスープ教室を主宰する。NPO「良い食材を伝える会」「大豆100粒運動を支える会」会長。主な著書に『あなたのために、いのちを支えるスープ』(文化出版局)、『辰巳芳子の旬を味わう いのちを養う家庭料理』(NHK出版)など多数ある。

箱根のお土産には孫三・花詩のお菓子・銘菓を

その他の名言・言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。