土井善晴の言葉

名言集・語録集 今日を生きる、明日を拓く、言葉を贈ろう
これなら、どんなに忙しくても作れるでしょう。

ご飯を炊いて、菜(おかず)も兼ねるような具だくさんの味噌汁を作ればよいのです。

自分で料理をするのです。
そこには男女の区別はありません。

料理をすることに意味があるのです。
土井善晴
『一汁一菜でよいという提案』

土井善晴
料理研究家。1957年大阪生まれ。スイス、フランスでフランス料理を学び、帰国後、大阪「味吉兆」で日本料理を修行。土井勝料理学校講師を経て1992年に「おいしいもの研究所」を設立。変化する食文化と周辺を考察し、命を作る仕事である家庭料理の本質と、持続可能な日本らしい食を通して提案する。元早稲田大学非常勤講師、学習院女子大学講師。1988年~「おかずのクッキング」(テレビ朝日系)レギュラー講師、1987年~「きょうの料理」(Eテレ)講師。著書多数。

箱根銘菓 孫三 温泉餅

その他の名言・言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。