草間彌生の言葉

名言集 今日を生きる、明日を拓く、言葉を贈ろう
私の場合は、その時代に生きた人間が、精一杯未来に向かって美しい花を咲かせたいという一心でした。

しかし、そうしたことがいつの時代にも異端となってしまうのは、歴史を振り返ればわかります。
草間彌生
『水玉の履歴書』

草間彌生
1929年長野県生まれ。前衛芸術家、小説家。1957年渡米。画面全体に網目を描いたモノクローム絵画やソフト・スカルプチュアで高い評価を得る。1960年代後半には多数のハプニングを行う。1973年帰国。美術作品の制作を続けながら、小節、詩集も発表。2011年から2012年には大規模な回顧展がテート・モダン、ホイットニー美術館などで開かれた。国内では、最新作を出品した「永遠の永遠の永遠」展が静岡、大分、高知などを巡回。

箱根銘菓・箱根のお土産は 温泉餅・花詩 孫三総本家・花詩

その他の名言・言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です