『菜根譚』の言葉

名言集 今日を生きる、明日を拓く、言葉を贈ろう
勢利紛華は、近づかざる者を潔しと為し、之に近づけども染まらざる者を尤も潔しと為す。

智械機巧は、知らざる者を高しと為し、之を知れども用いざる者を尤も高しと為す。
『菜根譚』

『菜根譚』
中国の古典の一。前集222条、後集135条からなる中国明代末期のものであり、主として前集は人の交わりを説き、後集では自然と閑居の楽しみを説いた書物である。別名「処世修養篇」(孫鏘(そん しょう)の説)。洪自誠(洪応明、還初道人)による随筆集。その内容は、通俗的な処世訓を、三教一致の立場から説く思想書である。日本の加賀藩儒者、林蓀坡(はやし そんぱ、1781年-1836年)によって文化5年(1822年)に刊行(2巻、訓点本)され、禅僧の間などで盛んに愛読され、仏典に準ずる扱いも受けてきた。また実業家や政治家などにも愛読されてきた。

その他の名言・言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です