米長邦雄の言葉

名言集 今日を生きる、明日を拓く、言葉を贈ろう
まさに人生は悪手の山だ。
最善手を探すのは大変だが、悪手を指すのはいとも簡単なのである。

人が欲望どおりに行動すれば、たいていは悪手になるといっても過言ではない。
米長邦雄
『不運のすすめ』

米長邦雄
1943年、山梨県生まれ。1956年、6級で故佐瀬勇次名誉9段門下となる。1963年、4段、1979年9段昇進。名人位挑戦のための最高リーグである順位戦A級に連続27年在籍。1984年には10段、棋聖、棋王、王将を獲得し四冠王となるなど、最強棋士の一人として歩むことになる。また1985年永世棋聖の称号が贈られる。名人位には手が届かず、「悲運の挑戦者」と称されたが、1993年7度目の挑戦にして中原誠名人を下し、初の戴冠。名人位に就いた最年長記録を更新し、“50歳名人”と賞賛された。2003年には紫綬褒章を受章し、現役を引退する。 2012年(平成24年)12月18日に69歳で逝去する。

イスクラ・婦宝当帰膠 お求めは表参道の漢方薬店・薬戸金堂へ

その他の名言・言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です