瀬戸内寂聴の言葉

名言集 今日を生きる、明日を拓く、言葉を贈ろう
あなたの今の悩みや、苦しみや、悲しみは、けっしてあなたひとりのものではありません。

個人的な心の悩みは、普遍的なもので、人間すべてが共有しているものなのです。

あなたはけっして、ひとりぼっちではないのです。
瀬戸内寂聴
『生きることば あなたへ』

瀬戸内寂聴
1922年〈大正11年〉5月15日生
日本の小説家、天台宗の尼僧。俗名晴美。京都府在住。僧位は権大僧正。1997年文化功労者、2006年文化勲章。学歴は徳島県立高等女学校(現:徳島県立城東高等学校)、東京女子大学国語専攻部卒業。学位は文学士(東京女子大学)。元天台寺住職、現名誉住職。比叡山延暦寺禅光坊住職。元敦賀短期大学学長。徳島市名誉市民。京都市名誉市民。代表作には『夏の終り』や『花に問え』『場所』など多数。1988年以降には『源氏物語』に関連する著作が多い。これまで新潮同人雑誌賞を皮切りに、女流文学賞、谷崎潤一郎賞、野間文芸賞などを受賞している。

箱根銘菓 孫三 温泉餅

その他の名言・言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です